討鬼伝 スロット新台|天井・スペック・導入日・解析まとめ


©七匠

導入日2017年8月28日予定
新台スロット「討鬼伝」のご紹介です。

  • 天井・恩恵
  • スペック
  • 導入日・ゲーム性
  • 解析・攻略
  • PV動画

など、最新情報をお届けしていきます。

それでは、詳細をご覧ください。




機種情報

討鬼伝
導入日 2017年8月28日
導入台数 約1,500台
メーカー 七匠
タイプ ART
純増 約2.0枚/G
コイン持ち 約35G

天井・恩恵

天井 12周期
恩恵 ART当選

天井到達時は天井周期を超えた「滅ノ刻」にて最後のミタマを強制的にART当選させます。

設定変更・据え置き時の挙動と恩恵

設定変更時は天井が7周期に短縮される恩恵あり(設定6を除く)

さらに周期モードも優遇されるので上位ミタマ獲得に期待できます。

▼設定変更時の周期天井振り分け

設定 1周期 3周期
1 12.5% 37.5%
2 43.8%
3 37.5%
4 43.8%
5 37.5%
6
設定 7周期 12周期
1 50.0%
2 43.8%
3 50.0%
4 43.8%
5 50.0%
6 37.5% 12.5%

▼設定変更時の周期モード振り分け

設定 モードA モードB
1 37.5%
2 25.0%
3 37.5%
4 25.0%
5 37.5%
6 25.0%
設定 モードC モードD
1 37.5% 25.0%
2 50.0%
3 37.5%
4 50.0%
5 37.5%
6 50.0%

スペック

設定 ART 機械割
1 1/488 97.9%
2 1/476 98.9%
3 1/461 100.1%
4 1/400 104.8%
5 1/367 107.5%
6 1/254 115.5%

小役確率

小役 確率(全設定共通)
討鬼ベル 1/51.2
中段チェリー 1/32768.0
鬼ノ目A 1/364.1
鬼ノ目B 1/192.8
鬼ノ目C 1/273.1
設定 チェリー スイカ
1 1/72.8 1/96.4
2 1/72.2 1/95.3
3 1/71.5 1/94.2
4 1/70.9 1/93.1
5 1/70.3 1/92.0
6 1/69.7 1/91.0
MB中
小役 通常時 ART中
ベル 1/1.2 1/1.8
ベルズレ目 1/7.3 1/2.3

リール・打ち方

通常時の打ち方

●左リール枠上~上段にBAR狙い

①中段チェリー停止
→中・右リール適当打ち

②下段チェリー停止
→中・右リール適当打ち
中リール中段に鬼ノ目停止…鬼ノ目C
上記以外…チェリー

③中段BAR停止
→中・右リール適当打ち
ベル小山型…討鬼ベル
中リール中段に鬼ノ目停止…鬼ノ目A

④上段スイカ停止
→中リールにスイカを狙い、右リールは適当打ち
中リール中段に鬼ノ目停止…鬼ノ目B
上記以外…スイカ

通常時

通常時は周期経由でARTを目指すのが基本の流れ。

ステージ・下パネル

ステージ 高確期待度
里(昼)
里(夕)
モノノフ本部
禊場

ステージは4種類、禊場に近付くほど(超)高確期待度UP。

周期開始時に本部ステージスタートなら高確A確定、禊場ステージスタートなら高確Bが確定します。

下の液晶

下パネルの液晶では獲得するミタマの色の期待度を示唆。

液晶 期待度
花(青)
鳥(黄)
風(緑)
月(赤)
極(金)

内部状態

通常時の内部状態は4種類(通常/高確A/高確B/超高確)存在し、それぞれミタマの獲得率に影響します。

状態別のミタマ獲得率
状態 確率
通常 約1/53
高確A 約1/32
高確B 約1/18
超高確 約1/12

※鬼ノ目成立によるミタマ獲得を含む

状態移行率

状態移行契機は主に周期開始時とスイカ成立時。

周期開始時は50%で高確スタートとなり、超高確へは通常滞在中のスイカ成立時の25%でのみ移行。

また、前の周期でミタマを1個も獲得できなかった場合は次周期で高確Bスタートが確定します。

周期開始時の状態振り分け
状態 振り分け
通常 50.0%
高確A 48.4%
高確B 1.6%
超高確
状態滞在ゲーム数

高確はゲーム数で管理されており、規定ゲーム数を消化すると通常に転落。

消化後は毎ゲーム50%で他のステージ移行抽選を行います。

状態別滞在ゲーム数振り分け
ゲーム数 高確A 高確B
15G 62.50%
20G 25.00%
30G 12.50% 93.75%
40G 6.25%

周期抽選

通常時は周期抽選システムを採用。

99Gで1周期となり、周期到達でARTを抽選。

周期中はレア役などで「ミタマ」を獲得し、ミタマの種類(白<青<黄<緑<赤<マグマ柄<虹)によってART期待度が変化。

1周期平均2.5個(最大5個)のミタマ獲得に期待でき、周期到達前でもミタマ5個獲得時は周期へ強制到達。

また、周期スタートの一部で突入する「極モード」は獲得したミタマがすべてマグマ柄となるため激アツ!

ミタマ 期待度
約?%
約5%
約10%
約30%
約65%
マグマ柄 約99%
確定

周期モード

通常時の周期モードは全4種類存在し、上位モードほどミタマ獲得時のミタマの色が優遇されます。

モードDは獲得したミタマがすべてマグマ柄になる「極モード」となっており、ART当選まで同モードが継続します。

周期モードは「ミタマ色」ポイントで管理されており、周期開始時にポイントを加算。

12pt獲得時は極モードに突入しますが、1周期=1pt加算が基本。

設定4以上でのみ周期開始時の12pt振り分けが優遇されています。

▼周期開始時の加算ポイント振り分け

設定 1pt 12pt
1 99.8% 0.2%
2
3 99.2% 0.8%
4 97.7% 2.3%
5 96.1% 3.9%
6 95.8% 4.2%

7周期目(7pt)はモードB以上確定となり、モードDにもそれなりに期待できます。

▼ミタマ色ポイント別の周期モード振り分け

ミタマ色 モードA モードB
1pt 75.0% 23.4%
2pt 96.9% 2.3%
3pt 75.0% 23.4%
4pt 96.9% 2.3%
5pt 50.0% 43.8%
6pt 96.9% 2.3%
7pt 62.5%
8pt 96.9% 2.3%
9pt 96.9% 2.3%
10pt 96.9% 2.3%
11pt 96.9% 2.3%
12pt
ミタマ色 モードC モードD
1pt 1.6%
2pt 0.8%
3pt 1.6%
4pt 2.3%
5pt 6.3%
6pt 0.8%
7pt 25.0% 12.5%
8pt 0.8%
9pt 0.8%
10pt 0.8%
11pt 0.8%
12pt 100%
通常時の周期天井
ART終了時の周期天井振り分け
設定 1周期 3周期 7周期 12周期
1 0.8% 0.8% 3.1% 95.3%
2 0.8% 0.8% 3.1% 95.3%
3 1.6% 1.6% 6.3% 90.6%
4 4.7% 4.7% 9.4% 81.3%
5 9.4% 9.4% 25.0% 56.3%
6 35.9% 35.9% 21.9% 6.3%
設定変更時の周期天井振り分け
設定 1周期 3周期 7周期 12周期
1 12.5% 37.5% 50.0%
2 43.8% 43.8%
3 37.5% 50.0%
4 43.8% 43.8%
5 37.5% 50.0%
6 37.5% 37.5% 12.5%

鬼ノ目

契機 中リール中段鬼ノ目停止
確率 約1/85
継続G数 5G

レア役出現時は中リールに注目。

中リール中段に「鬼ノ目(MB)」停止でミタマを獲得。

さらにMB中ベルのズレ目でミタマの色が昇格!

昇魂ノ儀

周期中にミタマ5個獲得時は「昇魂ノ儀」へ突入。

滞在中は1G毎にミタマが切り替わり成立役に応じて昇格抽選を行う。

また、5つ目のミタマのみ昇格後の色が黄色以下なら強制的に緑に書き換えられます。

▼非MB中ミタマ白or青保有時の昇格抽選

小役 昇格なし 1段階 2段階
ハズレ 68.8% 25.0%
リプレイ
ベル
MB 93.8%
討鬼ベル 93.8%
チェリー
スイカ
小役 3段階 4段階 5段階
ハズレ 5.5% 0.8%
リプレイ
ベル
MB
討鬼ベル 4.7% 1.2% 0.4%
チェリー 93.8% 5.5% 0.8%
スイカ 87.5% 11.7% 0.8%

▼非MB中ミタマ黄以上保有時の昇格抽選

小役 昇格なし 1段階
ハズレ 68.8% 25.0%
リプレイ
ベル
MB 93.8%
討鬼ベル 93.8%
チェリー
スイカ
小役 2段階 3段階
ハズレ 5.5% 0.8%
リプレイ
ベル
MB 6.3%
討鬼ベル 5.5% 0.8%
チェリー 99.2% 0.8%
スイカ 87.5% 12.5%

鬼ノ目が成立した場合は、ミタマを切り替えずMBが終了するまで同一ミタマの昇格抽選を行います。

▼MB中ミタマ黄保有時の昇格抽選

小役 昇格なし 1段階 2段階
ベル 93.8% 6.3%
ベルズレ目 98.4% 1.6%

▼MB中ミタマ緑保有時の昇格抽選

小役 昇格なし 1段階 2段階
ベル 99.2% 0.8%
ベルズレ目 99.2% 0.8%

▼MB中ミタマ赤保有時の昇格抽選

小役 昇格なし 1段階
ベル 99.2% 0.8%
ベルズレ目 100%

滅ノ刻

周期到達で突入するARTジャッジゾーン。

保有しているミタマの数だけARTを抽選。

ART当選後の残りミタマはそのまま引き継がれ、ART終了後に再度ARTの抽選を行います。

ART告知演出は即発展の「ガキ殲滅」、擬似連経由の「連続演出」の2種類が存在。

連続演出 期待度
仲間を護衛せよ! ★×2.0
マフウを討て! ★×2.5
キンキを討て! ★×3.0
ウタカタの里を守れ! ★×3.5
ミフチ乱入 ★×4.0

鬼ノ目成立でミフチ乱入のチャンス!?

震天動地

契機 鬼ノ目成立時の1/128
恩恵 ART確定+ミタマ昇格抽選
期待枚数 約1270枚

通常時のミタマ非所持かつ鬼ノ目成立時の1/128で当選。

一気にミタマを5個獲得しリール逆回転でミタマの色を全て昇格!

極モード

契機 周期開始時の一部
12周期目以降
ART期待度 約99%

周期内で獲得したミタマがすべてマグマ柄になる鬼熱周期!

獲得したミタマ=初当たりストック!?




ART

討鬼RUSH

契機 周期経由
継続G数 30~150G
純増 約2.0枚/G

出玉増加のメインART。

ART開始時に赤7揃いor青7揃いで鬼を決定。

青7揃い時は70G以上の鬼が出現!

以降は規定G数以内に鬼を討伐するといった内容。

鬼の種類と期待度
継続G数 期待度
タケイクサ 30G ★×2.0
ダイマエン ★×3.0
ミズチメ 50G ★×2.0
ツキカヅキ ★×3.0
ヤトノヌシ 70G ★×2.5
クナトサエ ★×3.5
ゴウエンマ 100G ★×4.0
トコヨノオウ 150G ★×4.5
討伐パート

討伐パートではベルやレア役で鬼を攻撃。

最終的に鬼の体力をゼロに出来ればARTが継続!

マガツヒMODE

マガツヒゲージを貯めると突入するモード。

リプレイの一部でマガツヒゲージが上昇、小山ベル成立時はマガツヒゲージが大幅に上昇!

突入すれば勝敗決定まで攻撃力&攻撃頻度が大幅にUP。

強撃チャンス

鬼の攻撃を避けると強撃チャンスへ。

次Gにベル以上の役が成立すると強攻撃が発生!

鬼ノ目が成立すれば・・・!?

斬鬼連舞

鬼ノ目成立で突入。

5G間攻撃が発生し、ベルのズレ目で会心攻撃!

デンジャーゾーン

規定ゲーム数以内に鬼を討伐できないと突入。

5or10G継続し、ゲーム数内に鬼を討伐できればART継続、できなければART終了となります。

また、突入時に約1~5%の確率で復活抽選も行います。

デンジャーゾーンゲーム数振り分け
ゲーム数 振り分け
5G 88.3%
10G 11.7%

鬼千切玉

契機 討伐時の一部
準備中/討伐後のレア役
討鬼ボーナスなど
平均ダメージ 20000オーバー

鬼千切玉を所持していると、攻撃キャラ×成立役によって大ダメージを与える!

(真)討鬼ボーナス

契機 BAR揃い
継続G数 討鬼:30G
真討鬼:60G
平均ストック 討鬼:約4個
真討鬼:約9個
ボーナス中の鬼千切玉獲得率
ボーナス 確率
討鬼ボーナス 1/23.1
真討鬼ボーナス 1/10.4

ART中のBAR揃いで突入する鬼千切玉大量獲得ゾーン。

消化中に3人のカットインが集まれば鬼千切玉を獲得!

当選率は約1/8000で、鬼の種別によって振り分けが変化。

鬼別のボーナス振分け
討鬼ボーナス 真討鬼ボーナス
ゴウエンマ 100%
トコヨノオウ 100%
上記以外 87.5% 12.5%

討鬼ボーナス突入時はカットインが発生し、カットインの色で期待度が変化。

ボタン停止時に導光板が発生すればBAR揃い確定、赤・虹カットイン時に発生すれば真討鬼ボーナスが確定します。

カットイン別のBAR揃い期待度
カットインの色 期待度
約50%
約85%
レインボー 確定

裏極モード

契機
恩恵 100G以上の鬼のみ出現
討伐率 約85%
期待値 約2000枚

100Gor150Gの鬼のみ出現する裏極モード。

ひとたび突入すれば討伐率&期待枚数が跳ね上がります。

ART終了画面

ART終了画面でPUSHボタンを押すとキャラクターが出現。

この時のキャラによって設定を示唆しているので要チェック!

  • 息吹&初穂…設定2以上
  • 速鳥&那木…設定3以上
  • 富嶽&桜花…設定4以上
  • 天狐…設定5以上
  • 全員…設定6!?

フリーズ

契機 中段チェリー?
確率 1/32768
恩恵 ART確定+赤orマグマ柄ミタマ5個
期待枚数 約2000枚

フリーズは通常時のみ発生する可能性あり。

ART中には発生しませんが、鬼千切玉を7個獲得できます(バトル中であれば一撃で鬼を撃破)

公式PV

管理人の一言

人気アクションゲーム「討鬼伝」とのタイアップ機が登場!

スペックはリアルボーナス非搭載のART特化タイプ。

ゲーム性は「ミタマ」が鍵を握る周期抽選に加え、ハンティングアクションゲームらしい世界観を再現した自力バトルがウリですかね。

この手のタイプはエンターライズの「MH月下雷鳴」がある程度の功績を挙げているだけに本機でも期待出来そうな気がします。

というか個人的なイメージとしては通常時が大工の源さん、ART中が月下雷鳴を掛け合わせたな…というのがしっくりきますね。

どちらも好きな機種ですし、導入前の感想としては早く打って感触を確かめてみたいところ。

ただ、導入少なすぎて設置してあるホール探すのに一苦労しそうですが…。

-スポンサードリンク-
             

コメントを残す